menu

デザイン

住まう方のその人生まで誇るような凛とした佇まい。

大らかな開放感が続く
四方開放立地。

「ライラ交野中央」は東西の2方が接道し、北側は前川接する開放性・独立性の高い立地に誕生。周辺は低層の住宅・社屋が多く、現地建物への干渉が最小限。また、一部ビルが干渉する方角については棟形状と配置に工夫を凝らして本物件への影響を抑えています。この得難い立地条件と巧みなプランニングにより、開放感あふれる暮らしを存分に味わっていただけます。

土のある暮らしを楽しむ、
専用庭付住戸をご用意。

テーブルやチェアなどを置いて、ゆったり広々と楽しめるテラス付の専用庭を設けた1階住戸。心地よい陽射しと風を感じながらティータイムに興じたり、大好きな花々に囲まれてガーデニングを楽しんだり、夏には子供用のビニールプールを広げたり、使い方は様々です。住まいの「内」と「外」をつなぐ、プライバシー性の高いもうひとつのリビングとして、開放感のある暮らしをご提案します。

毎日の暮らしを快適と安心で
満たす上質な共用空間。

自然と共生する
正統派レジデンスの創出へ。

今でも蛍を見ることのできる程の澄み渡った水が流れる前川沿いのロケーションに誕生する「ライラ交野中央」。3棟の異なるボリュームで構成され、様々な角度から望める各棟の妻壁をメインファサードとし、外観をデザイン。 壁をパラペット高さまで立ち上げ、見付幅を厚くすることで大きな壁を主張。清閑で力強い佇まいを持つファサードを構成します。また、スパン・高さの異なる3つの棟に統一感と力強さを持たせるために、各住戸間に壁を挿入し、妻の壁から連続する壁面の連なりを創り、全体に一定のシンプルな流れ(リズム)を生み出しました。 また、外観のコンセプトを継承し、面で構成されたエントランスホール。床と天井を強調するために、仕上や折上天井で視覚的に縁を切ることで水平方向が強調され、正面に静態している石積の力強い壁面が住まう方、訪れる方を迎え入れます。

年を経るごとに美しさを積み重ねる、
素材へのこだわり。

歳月を経るごとに劣化するのではなく、街そして自然と程よく溶け合い、景観として風合いを深めることでむしろ歴史という価値が付加されるように。優れた資産価値を末永く保つために、素材の一つひとつにも吟味を重ねました。

Land Plan & Community

現地東側にちょっとした子供の遊び場やコミュニティの広場として使える、交野市に帰属する提供公園をつくります。1階の集会場やバルコニーからの視認性もよく、大人の目がある中で子供を安心して遊ばせることが出来ます。
ワンちゃんとのお散歩帰りに重宝するペット足洗い場をマンション共用部にご用意。建物内を美しく保つ配慮としています。また、マイカーのメンテナンスにもうれしい洗車用スペースも設けています。
いざという時の備えとして
AED(自動体外式除細動器)
を設置しています。
万が一の際に役立つ防災倉庫を
備えた、地震などの
災害時にも強いマンションです。
※内容は管理規約等により
変更となる場合がございます。
留守中でも24時間荷物の
受け取りができる宅配ボックス。

エントランスには昼間留守にすることが多いご家庭に便利な宅配ボックスを設置しました。操作はお子様やご年配の方でもわかりやすく簡単です。

景観形成に寄与する
植栽計画

シンボルツリーのエゴノキをはじめ、イロハモミジやオリーブ、シマトネリコなど、常緑樹や落葉樹、季節によって美しい花や実をつける木々を植樹。四季を通して彩りが楽しめるだけでなく、周囲の景観にまで配慮した植栽計画を実施しています。

※樹種については変更となる場合がございます。
※写真はすべてイメージです。

TOPへ